「ディズニー曲」で豊かな世界観を育む発表会曲

こんにちは。加山佳美です。
28年満席音楽教室、各コンクール最高位、入賞、指導者賞多数受賞経験からの
独自メソッドからの

発表会プランセミナー シリーズ化

 

 

第1回は邦人作品をメインに大量にご紹介しました。
第2回は本当の導入期 入会したてでも発表会に出られる方法

第3回目はモチベーションとサイクル化について

第4回 圧倒的な魅力あふれるピアノ発表会20のアイディア

第5回は 「編曲しない合奏法」

第6回は発表会で「映える曲」で満足度が上がる
第7回は「ペダル曲」

第8回「連弾クラッシック」でした

 

第9回は ディズニー曲

 

第9回


9月10日(金)は

「ディズニー」で
豊かな世界観を育む発表会曲



ディズニーといえば、常に音楽が伴っています。

 

 

長編アニメ「ファンタジア」をご存知でしょうか?

「魔法使いの弟子」/デュスカ 

といえば、みなさん思い出すのではないでしょうか?

 

 

 

実はそれだけではなく、

花のワルツなどを映像化しています。

小さなお子さんにもぜひ観てもらいたいアニメ映画です。

リトミックの「プラスティックアニメ」とすごく似ていますよ。

 

 

 

それだけではなく、

 

白雪姫といえば、「ハイ・ホー」

美女と野獣の「美女と野獣」

リトル・マーメイドの「アンダー・ザ・シー」など

 

すぐに思い浮かびますよね。

 

 

子どもたちの中でも

ストーリーや映像とともに音楽の記憶が刻み込まれています。

そうすると、

その音楽を表現するときに「映画の世界」を表現しやすくなります。

 

表現する意欲に結びつくはずです✨

 

 

ディズニーマニア歴 約30年 笑
年パス保持者でしたが、コロナ禍で年パスも廃止されてしまいました。

LA、フロリダのディズニーランドやワールドも訪れています。
世界のテーマパークを制覇するのが夢です。

 

注意点

皆さんもご経験があると思いますが、

 

  • 楽譜選び、
  • 楽譜によって全然違う
  • レベルに合わない(←特にこれ)

のご苦労もありますよね。

 

 

ポピュラー曲の方が和音やリズムが難しいという点もあります。

 

それらをどう乗り越えて、「メリット」にするかをお伝えします。

 

今後のカリキュラム

  • 連弾ポピュラー
  • ジブリ
  • アニメ
  • 講師挨拶
  • 書類

 

 

1年を通してご受講いただくと発表会のプランには当分困らなくなります。

 

 

 


 

会員の方はログインして、動画、資料を御覧ください。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログイン下さいログイン
会員登録はこちら